• 白ロムの買取サービスとは

    白ロムとは、携帯電話本体に個人を特定できる電話番号などの情報が登録されていないもののこと、あるいは情報を消去し初期化されたものを指します。

    最近何かと話題の白ロムの買取情報を、皆様へ配信するサイトです。

    大抵のスマートフォンでは、SIMカードと呼ばれる小さなICカードに電話番号や個別の識別番号、契約者情報などが集約されています。

    T-SITEの情報がわかりやすく紹介されています。

    そのため、解約や機種変更した際にSIMカードを抜き取り、本体に保存されている情報を完全に消去することで白ロムと呼べる状態になります。

    白ロム状態になったスマートフォンなどの携帯端末は、不要であれば買取サービスを利用して処分することも可能です。
    買取サービスを利用する場合、まずは買取先をいくつか比較・検討するとより良い条件のものが見つかるでしょうし、傷の有無などの端末の状態によっても多少買取価格も前後するでしょう。
    白ロムとして売却する場合、必ず行わなければならないことがいくつか存在します。


    個人を特定されないために本体メモリは全て消去しておくこと、microSDなどのデータカードは抜くかデータは全て消去すること、電子マネーやポイントなどのアプリなどは新しい端末に引継ぎ処理をした上で削除し、端末の暗証番号も初期化すること、パスコードロックなども解除しておくことなどが上げられます。
    端末の暗証番号はキャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)によってそれぞれ違います。



    初期の暗証番号を忘れてしまった場合は、各キャリアのホームページなどから確認することができます。

    分割払いで購入した端末などは、支払いが完了していることも重要です。

    支払いが残っている場合は買い取っては貰えませんし、流通してはいけないものとされています。
    買取は本人のみが利用できるサービスですので、本人確認書類の提示が必要になります。